読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐メンタルは崩れない

小説家ワナビ視点で、主に執筆環境について書きます。

"Evernote for Mac"がインストールされてないMacからEvernoteにメモするにはIFTTTでよかった

IFTTT

IFTTT

  • IFTTT
  • 仕事効率化
  • 無料

いちいちWeb版にアクセスするのかったるいなーと思ってたんですよ。かといって、世の中の大半のハックはクライアント必須だし。MacBook Airにクライアントなんか入れられますかっての、ストレージ破裂しますわ。

というわけで考えていたら、以下のレシピを思いっきり再発明してしまいましたわい。

というわけで簡単に利用方法まとめ。

  1. OS X 17.2以降のMacGoogleアカウントにログイン(Mavericksだと、「システム環境設定→インターネットアカウント→+」)
  2. メモにチェック
  3. IFTTTでGmail/Evernoteチャンネルをアクティベート
  4. 上記レシピを有効化
  5. 普通にメモに書く

以上です。iOSのメモをGoogleに同期していれば、同様に利用できます。

仕組みとしては、Gmailに同期されたメモに「Notes」というラベルが付くのを利用して、「Notes」ラベルを検出するとEvernoteに渡しているだけですね。レシピを改変すれば、特定のノートブック名/タグを与えることも可能です。

もうちょっと工夫するなら、Notebook/tagにSubjectを入れておくと、メモの1行目(GmailにおけるSubject)を利用してノートブック名/タグを与えることができますね。

注意点

なお、以下の点には注意が必要です。見ようによっては便利な点でもありますが、

  • Evernoteに保存されたメモはそのまま残る
  • 残ったメモを編集すると新規ノートとして保存される

恐らく、メモの同期時に、Gmail側では削除+新規作成する仕組みになっているのでしょう。まあ、メールデータですからね。

同じ題名のノートは追記されるようにしたいが……

Appendはどうやら、ノート名に日本語があると発動しない(新しくノートを作成してしまう)ので、ここはハマらないよう注意してほしい。

PocketをEvernoteに保存する時には、ノートを1つにまとめることにした。 | 歩けば僕の足跡

というわけで、日本語タイトルだとできませんでした。クソが!